2010年10月27日水曜日

スポーツカーの寸法比較

運転していて楽しいスポーツカー
ハンドルグワッと切ればズバッと曲がる醍醐味
1BOX車や鈍重でエコタイヤ履いたプリウスは無理だろう

車高低ければ低いほど
その性能は高まる

ちなみに全高低い王選手権やると
下図の通り↓

車を前から見た時の
全幅と全高の寸法を表してみた

こうやって見ると
あれだけ車高低くてレーシーなAZ-1(青色部分)は
実は車幅も狭いので(^ ^;)
比率で言うと正方形っぽくなって
大してコーナリング性能良さそうには見えない
確かに横転して転がる時は転がるみたいだからな

やっぱ往年の名車、ランボルギーニ・カウンタック(黄色)が
地べた張り付き系だな

まあでもコーナー機敏に動くなら
ライトウエイト・スポーツカーの方がいいと思うけど

異例なのがレーシング・カートのINTREPID
家にあるカートの全高を計ったら
40cm位しかありません(^ ^;)
(バケット・シートのへり部分)
カートはやっぱり生粋のレーシング・マシン

まあカートも人乗れば
人の座高で全高1m位にはなるんだろうけど

カートはさておき
今の時代スポーツカーの車高は
1BOX車、ミニバンに埋もれる時代となりました

0 件のコメント:

コメントを投稿