2010年10月19日火曜日

厳しい自動車二次産業

機械の分野はあまりよく知らないけど
車の金型TOP3が経営厳しいようだ↓

TOP3でこれだからね
業界全体大変厳しいのでしょう

もう1つ車関係で厳しい業界として
チューニングパーツ業界がある

HKS赤字決算

デイトナ早期退職

数年前大手のトラストやアペックスマフラーも
民事再生法なったからね
大手でこれだから業界厳しいのでしょう

先進国は少子化やスポーツカー離れ、コンプライアンス、
エコロジーの観点からチューニングは流行らなくなり
新興国も車自体は売れるようになったが
チューニングという文化が立ち上がっておらず
チューニングメーカにとって空白期間になってしまった
時代的にも今後チューニングが立ち上がらずに
終わる可能性もある

まあ経済には波があっていずれまた
好景気の波が来るかもしれないけど

・・今はもう理屈じゃない
何事も積極的に活動して、乗り切るしかなさそう

一方我が道を行く日産GTRは
エゴイストなんて名前の超豪華グレード出るし

ま、GTRも開発リーダー水野氏以下メンバーが
頑張って作った価値ある車だから生き残っていける


0 件のコメント:

コメントを投稿