2010年10月15日金曜日

AZ-1はわかば

しかし最近ほんと規則規則って
がんじがらめの世界なってきてるなー

タバコはもう煙出すなってどこも吸えないし
ものづくりは有害物質含むなって
製品自体から省いても
一緒に入ってる説明書の袋留めてるセロテープが
有害物質だろうとチェック入ったり
(こうるせーっ)
CO2出すなってもう息するなみたいで息苦しいし
個人情報保護法で必要以上に身動き取れないし
なんだかストレス溜まる社会

スポーツカーもコンプライアンスの観点から
事実上道交法にそぐわない存在だからして
規制される対象になったり

ものづくりは技術向上を繰り返して
新たな製品の価値を産むが
最早動力性能で上を目指せない今
技術向上の視線はエコカー、もっと省燃費
の分野の方にいくってのも、自然の流れだね
もともとエコロジー・エコノミーのために始まった
訳じゃなかったかもしれない

だってそうだったら
パソコンのCPUの消費電力だって
処理速度落としてでも低消費電力にすべきなのに
そんな気配は感じられず上がる一方
パソコンの速度は上がっても
スポーツカーと違って危険じゃないから
リミッターなしの青天井で上がっていいんだよ
だから今でもエコなんてさておき
処理速度の技術力で価値を作っていけばよいわけ
事実上低消費電力をメインコンセプトにして
売り出してるパソコンなんてないでしょう

そんな中
どんなに時代に逆行しようと
後ろ指さされようと
動力性能の研鑚でひた走り続けているのは
NISSAN GTRでしょう
もうニュルのタイム1本勝負
車が走るのに
1,000万円近くの480馬力なんて必要なんでしょうか?
なんて議論はどうでもいいんだよ
ある意味1,000円になったタバコのよう(^ ^;)

たばこの値上げってなに
古いわかばやエコーってたばこは
大して値上げされず安いままなの?
どっちにしろ売れないからどうでもいいのか?

これも古いままスポーツカーとして生き残ってる
AZ-1みたいなもんってか(^ ^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿