2010年9月9日木曜日

目に焼き付いた

大丈夫かこれ
エコカー1台に324万円の補助金↓
(画面切り替わるまで力よく待って)

324万円あったら
プリウス1台買えるじゃねえかよ(^ ^;)
大判振る舞いの日本のお財布

とまあ日本は
スイスの機械式腕時計を
クオーツ式腕時計で席巻し

8mmフイルムを
VTRやカムコーダーで駆逐し

ライカの銀塩カメラを
デジタルカメラで凌駕した

電気の力を借りて

ハイブリッドカーまでは先行したかな

ところが電気自動車になって
怪しくなってきた

日本より先を行く電気自動車や
電気バイクが出てきた

これはデジタルの影響もあるが
誰でも簡単にできる

楽器弾けなくても
PCで曲作れたり

デッサン力なくても
3D立体図面描けたりするのと一緒だが

つまるところどこの国がじゃなくて
どこでも頑張ってモノ作った人が
勝ちなんだと思う

たまに頑張り過ぎて
疲れちゃう時あるけど(^ ^;)

--
車は割とライトウエイトスポーツが
好きだったりしますが
(振り回して遊べるので)

2ストモトクロッサーはある意味
バイクの究極のライトウエイトスポーツかも
車重がGTR125と同じ位しかないし

オフバイクがすごいなと思ったのは
以前西伊豆のワインディングで出会った
ベテランオフ乗りの方
4ストの普通のオフだったが
割と飛ばしてたので
こっちもAZ-1だったので
後ろ付いてってみた(^ ^;)

西伊豆海岸線のつづら折りの連続地点で
それはもう考えられない位バイク寝かして
イン側の足入れる隙間もない位
オフだからイン足を前に投げ出して
見事に下りのヘアピンをクリアしていく
こっれはそんじょそこらのロードバイクより
全然速いなと思った
薄っぺらい軽量バイクの勝ち
永遠に目に焼き付いた

軽量が有利なのは
μが低い雨の日に分かる

雨の時は大型バイク
不安で乗れたもんじゃないからね
いつ重みで滑るか冷や冷やもの
マンホールの上乗っかるなんてもってのほか

これが原付スクーターだと
何の不安もなくスイスイ走れる
軽くて滑る心配がないから

そのGTR125と同じ位の重さってんだから
(CRM250R:114kg)
ちょっと頼もしいかも

反面最高速は全然だめみたいだけどね
Web見ると実質140km/h程度で一杯一杯みたい

多分オフ車って
ホイールバランスの概念があまりないんじゃないかと?
・・やっぱりそうだ↓

あとばかでかいフロントフェンダーが
全ての風を受け止めちゃうらしいね

たぶんにしてフロントの接地感も薄そうだし・・
(ウイリーするのは楽だが^ ^;)

この歳にして初めて
オフバイクに乗ろうとしてるから
勝手がよく分かんないや

0 件のコメント:

コメントを投稿