2010年9月27日月曜日

2ストの末えいインプレ

日曜はCRM250Rで猿ヶ島へ
あまり言いたくないが
朝エンジンかかるまで30分位かかった・・
だめだキックがへたくそになってる
昔はキックのバイク多かったのに・・
汗だくなって蹴りまくった
明日キック筋肉痛かも
(今日は平気)
いい運動だ

街中の走りはあらためて見ると
結構速いんだ
青信号で普通に発進してる車達を
かなり置き去りにしてるので

パワーは十分あるので(40PS)
オンロードタイプのタイヤを履きたくなる
気持ちは分かる
ブロックタイヤだとちと恐いだろう

神奈川のオフロードの聖地猿ヶ島へ
バイクで初オフ

結果
だめだ荒地はジャンプどころか
両足付いてソロソロしか行けない
大石でハンドル取られて倒しそうになったが
(うわっ早くもやっちまうか)
車重かるいしハンドル高いから
あ、かなり横なっても支えられるわ
助かった
これが重くてハンドル低いZX-12Rだと
間違いなくヘナ、と倒してるところ

やっぱり4つのタイヤで踏ん張ってる
ジムニーと違うや
行き止まりなっても
ジムニーのようにバックできないし
(当たり前)
まあこれも降りて軽く押して
スイッチバックも可能
アフリカツインだと無理だろうな(^ ^;)

気を取り直してヤビツ峠(簡易舗装)へ
あ、峠速いわ
特にS字の切り返し強い
揺り返しもなくヒラヒラ
「蝶のように舞い、蜂のように刺す」
byモハメド・アリ、みたいな

帰りは東名秦野ICから厚木ICへ
ETC問題なく動作
高速巡航は風圧すごい
直立姿勢で風受けまくり
体勢的に100km/h程度で
あまり余裕がない

パワー的にはまだ余裕があるが
(一説には170km/h出るとも
100km/hでも熱量がすごく
股の間が熱くなるのが分かるので
2ストは焼き付き防止のため
長時間は無理しない方がよい
高速で焼けた人の逸話も載ってたし

気になる燃費は
138km走って7リッター
リッター約20km走った
2ストで20kmは立派立派

RZ350はどんなに頑張っても最高15km
RZ350Rは凶悪のリッター9km位だったし
(メインジェットが確かノーマルで#240入ってる)
トレイシー125も遠出で15kmだった
それに比べたら大したもの
ツーリングにも使えそうだね

ブレーキは一見ショボそうだが

つまるところ車重が軽いので
これで十分なんだ
原付のGTR125と同じ位の重さなので
ブレーキも同じ位で構わない

車重が軽いのはかなりのアドバンテージで
たぶん低速の40→0km/hの制動は
6ポッドWディスクのZX-12Rよりも
原付のGアク100やGTR125の方が
短く安全に止まれると思う
(個人的経験による)

0 件のコメント:

コメントを投稿