2010年8月31日火曜日

記憶に残る車のコピー

そういえば土曜日AZ-1で日産行ったら
新型エルグランドが置いてあった

FF低床になって全高も低くなった
一世代前のホンダステップワゴンの手法?

セレナ乗ってる友人が実際乗り込んだところ
良くも悪くも視界がとてもタイトらしい
屋根の先端が低く
メーターパネルやボンネットも高い
まるでスポーツカーのような狭い視界
1BOXにあって1BOXにあらず

この新鮮味が受けるのか
はたまた敬遠されるのか
別に何も影響しないのか
今後に注目

エルグランドのTV-CMのキャッチコピーは
「何もかもが、KINGだ」ですね
これか↓
あ、うたヴァン・ヘイレンなんだ
ちとコピーは・・洗練されてないかな?

記憶に残る車のコピーを3つ挙げろと言われれば・・
下記3つが思い浮かんだ

「名ばかりのGTは、道をあける」
言葉だけ記憶に残ってますが
どうやらトヨタ・セリカのキャッチコピーらしいです
当時のスカイラインに対抗したコピー
この頃のらしいです↓
短いコピーで見事に決まってる気がする

「背中には、2人を酔わせるハートがある」
言わずと知れた?
初代トヨタ・MR-2の名コピーですね
背中にあるミッドシップ・エンジンを表している
これ↓
・・ま実際うるさいだけなんだけど(^ ^;)
ミッドシップの特徴をうまく表現している

「いつかはクラウン」
やっぱり日本人はこれでしょう
高度経済成長期に夢見た
憧れのクラウン
世の中の一般中流お父さん達は
スバルてんとう虫に乗りながら
偉くなったらクラウンに乗るぞ、と思っていた心を
とても短くまとめたコピー
これだね↓
指たばこが時代を感じさせる

今や死語となってしまいましたが
(「いきなりクラウン」になった^ ^;)
永遠に自動車ファンの心に残るでしょう

3つともトヨタのコピーだな..

0 件のコメント:

コメントを投稿