2010年6月29日火曜日

無駄の美学

昨日のブログの
まんまレーシングカーRadicalだけど
都会から箱根まで普通の車で
簡易車載トレーラーで運んで
現地で下してワインディング遊ぶべしとあった
なるほど

そういえば家の向かいの中古車屋も
こないだ普通のアルファードに
簡易車載トレーラーくっつけて
レース用のAE86運んでたものな
へぇ普通の車で運べるんだ
なら手軽でいいね
車運ぶとなると
大きめのトラックのローダー想像するけど
それだとちょっとおおごとだものな

簡易車載トレーラーは例えばこれ↓

実は私のジムニーも
リヤバンパーにヒッチレシーバー付いてるので
何か引っ張ろうと思ったら引っ張れるのだが↓

さすがに軽で車載トレーラーなんて引っ張ったら
危ないかな(止まらない)

以前YouTubeで見た
悲惨なキャンピングカー状態なってしまう↓
(笑っちゃ悪いけど笑ってしまった)

やっぱこういう時は
ランクルとかでかいのだな

しかしいずれにせよ
Radicalなんてトレーラーで持ってって
箱根で下して走ってたら
絶対おまわりさんに目付けられるって
こんな車明らかに制限速度オーバーして
楽しむと公言してるようなものだもの
持ってくなら富士スピードウエイのショートコースとか
サーキットでしょう

きっとこれの簡易版が
レーシングカートなんだろうな
トランポに積んでって
カート用の安いサーキットでレーシング走行
(コース料半日3,000円とか)
カートならハイエースにスッポリ入るし
安上がり

公道はやっぱりね・・危ないからね
どんなに運転うまくても、事故は起きるんだ・・↓
トヨタテストドライバー・成瀬氏

バイクのGP500選手権で日本一速かったノリックも
川崎の産業道路でUターンしたトラックに
T-MAX突っ込んで亡くなったし・・

走りを楽しまなければ
事故も起きなくてすむのに
生きることに直接関係ない
無駄なことといえば無駄なことです

最近そういう無駄なことが
なんでも効率化の時代になって
減ってきたような気がする

車は生きてくためのただの移動手段
そう考えると何のへんてつもない
特徴のない車ができあがったりする

するとこれは自動車評論家泣かせ
なのだそうだ
コメントのしようがないから

前にCARトップに出てたのは
こういうマックのチーズバーガーみたいな車だが
確かに悪い車じゃない
マックみたいにそつなく売れる車なんだろうけど
マックバーガーをあれこれ評論する
グルメ評論家なんていないよね
それと同じような車だこりゃ
というようなコメントが書いてあった
言い得て妙

きっと服飾も
無駄のないユニクロばっかになると
この世界の評論家泣かせなのだろう

ということで
ある程度生きてくことと関係ない
無駄も必要というか
一切淘汰してしまったら
プロサッカー選手だって仕事なくなっちゃうよ

無駄があるからこそ人間だ、とも言えると思うけど

0 件のコメント:

コメントを投稿