2010年6月1日火曜日

展示会の勝者

デジタルな世の中になって
情報が溢れ
車のことも
モーターショーとか行かなくても
だいたいのこと調べられるようになった
アナログ的に出向くことは少なくなった

そんな中
足を運ぶの大切にしてるのが
・・歌のライブかな
どんなにデジタルダウンロードできるようになっても
ライブはみな聴きに行く
行って観るだけの価値が
あるからなんだろうけど
見せ手が頑張ってる
マドンナのライブとかすごいらしいね

気になって
車とか技術関係の
展示会の開催結果を調べてみた↓
(出展社数と出展小間数)

ピンク色のリードエグジビションというのは
技術系の展示会実施で有名な会社

ご存知の通りモーターショーなどの展示会は
リーマンショックで
だいぶ来場者も減ってへこたれた
内容の価値もあるだろうし
企業向けの展示会は
出展する広告宣伝費なくなったり
出張規制入って来場できなくなったり
グラフも2009年はみなドンと落ち込んだ

そんな中こうやって見ると・・
前出のリードエグジビションだけ
リーマンをものともせず
落ち込まず維持してたんだな

やっぱりあそこね
民間の底力というか
意気込みや熱意が違うんだよね
お仕事の関係でモーターショー以外
全部出展したことありますけど
顧客志向の内容作りとか

例えば毎日18時までたっぷりやるとか
(出展数多くて見切れないため)
出し手も同じ3日間の出展費用で
顧客とのチャンスがより増えたり

リードは例年と同じ展示会だけで
来場人数割り込みそうなら
バンバン新しい展示会新設して
トータル人数底上げしたりとか
太陽電池展、クラウド展・・etc.

そういう出し手の努力とか
妥協を許さない営業力とか・・
(リーマンだから減って当たり前と思わない)
大事なんだろうね
まあ永遠に上がり続けるのは難しいと思うが
それでも大したもの

他の展示会もV字回復を目指して
頑張ってるよ
モーターショーはついに
幕張との蜜月を切ったし
(来場者優先)

これはちょっと
皆さんを見習わなくてはいかんですね

0 件のコメント:

コメントを投稿