2009年9月11日金曜日

査定額の妙

ガハハ俺の投稿記事が
今月のスーパースージー10月号に掲載されてる
レーシングカート積んだ時のだ
笑うぜ
しかしこの本て発行元ワイルドグースなんだな
へえ
本まで発行するとは恐るべし
ワイルドグース店内にはマニアックな車の本
たっくさん売ってるし
少なくとも四駆の本に関しては
東雲のリンドバーグより格段にある

最近思うのは、ジムニーって
バイクのモンゴリ(モンキー・ゴリラ)に通ずるものがある
それはパーツが無限大にあって
いじって遊ぶのには持ってこい
長年みんなに愛されてる

話は変わり
今朝は昔俺が乗ってた珍しい車見たもんでつい
「お、ムースロ」とかつぶやいちゃった
ムースロ・・さて何でしょうこの車は?
たぶん車を一番よく知ってる
自動車評論家でも分からないと思う(^ ^;)

その正体は・・
「ムーヴ・スローパー」
そう、ダイハツの福祉車両です
昔親父が車椅子になった時買ったんだ
後ろがバンパーごとガバチョと開いて
スロープ出して車椅子ごと乗り込むことができる
2002年頃だったかな
当時まだ福祉車両は珍しくて
このムーヴもハンドメイドで高かった
ハンドメイド(^ ^;)
どこぞの高級スポーツカーみたいな装い
普通のムーヴ(NA)が100万円位のところ
こいつは新車価格が165万円もした
これもれっきとした改造車?
改造車好きの俺に持ってこい?

RZ350改、アクティ改、ゴリラ改、ミニ改、
カリーナバンCalルック改、180SX改、
V-MAX改、ムーヴ改、ZX-12R改、ジムニー改
全てに「改」が付くのがミソ
車種の一貫性も全くないのがミソ(^ ^;)

ムーヴ・スローパーは
なんと電動ハイドロ付いて
リヤがペッタンペッタンに下がった
大黒族が見たら喜んじゃう?(^ ^;)
(こら、福祉車両をふざけてはいけません)
室内には一瞬で車椅子を固定する
電動ワイヤーロック機構も付いてました

さすがに165万円の新車じゃ買えなかったので
カーセンサーでいそいそ中古探した
中古もタマ数極端に少なく
たまにあっても138~145万円とか高かった

しかし千葉の奥の方~の沼南町の
ダイハツのディーラー系で
2年落ち650kmが95万円というの発見して
これっきゃないと思った
遠さは俺は苦にならないので
横浜からV-MAXでズドーンと見に行って
決めて、翌週下取りのインテグラで行って
交換して乗って帰ってきた

その後3年、1.7万km乗って
ライフターボに買い換えることになった
自分で買取専門店に持っていったのだが
こんな車査定表に載ってないから
査定額がてんでバラバラなんだよ
ある店では普通のムーヴと同じ査定で30万円とか
別の店では福祉車両の価値を付けて75万円とか

結局秦野にある福祉車両専門店に85万円で
買い取ってもらった

ということで正直に白状すると
95万円で買った車を、3年乗って85万円で
引き取ってもらった(^ ^;)
足しげく頑張ると、こんな恩恵に預かることもあります

よっぽど次に新車で車両130万円で買った
ライフターボを売る時の方が
2年しか乗ってないのに最高額75万円にしかならず
(これも結局秦野のその店が最高値)
こっちの方が安かった..

0 件のコメント:

コメントを投稿