2009年8月23日日曜日

スクーターのミッション

土曜日はGTR125で神奈川スケートリンクに行った
バイクで行く理由は
四輪の駐車場は500円かかることと
(どうも平日は無料らしい)
満車で並ぶ時があるため
バイクだとタダだし空いてる
(ようはケチね)
雨降らない時はなるべくバイク

GTR125、3.8万km走って
今日初めてミッションにやばげな兆候が..
スタート発進時
ミュイーンと不必要に回転が上がるような
症状が出始めた
そろそろミッション開けて見てみないとな



1万km走行時に一度Vベルトだけは
自分で交換したことがある
何か異常があった訳じゃなくて
GTR125が遅くなった時
ベルトが原因かと思って交換したまで
(結局原因はOILまみれのエアクリエレメントだったが)

その他は3.8万km何もしてない
一応パーツはそろそろだめになるんじゃないかなと
思って、先日取り寄せてある
Vベルトと、ウエイトローラー6ケ
(台湾から持ってくるんだよ^ ^;)

スクーターのミッションは
前車Gアクでこれでもかという位いじったからな..
一応経験豊富というか
どこがだめになるとかだいたい分かってるつもり

別にいじりたいから始めた訳じゃなくて
きっかけはGアクの初期型が安全対策で
あまりにも回転が上がらず
まともに加速しないので
(遅すぎて危ないくらい。再加速しない)
自分で改善しはじめたら
止まらなくなった

キタコのプーリーに始まり
伊マロッシのプーリーは2回買ったかな
気に入って長く使ってたが
プーリーの軸がグリス式でないため
磨耗で動かなくなったため、買い替え
後はショートプーリーボス
薄型シムワッシャー
強化センタースプリング
強化クラッチセット
強化クラッチスプリング
なんでもいった(^ ^;)
ていうかなかなかベストセッティングでなくてねえ
あっち立てればこっち立たずみたいな
発進よくすれば上が伸びないとか
セッティング地獄にハマった

一番エキサイティングだったのは
ノーマルのプーリーで
ノーマルウエイトローラー3個抜きの
3個仕様だったかな
もう出だしから常に最高回転の
ビンビン仕様だった
アクセルレスポンスが全然変わって
(車で言う軽量フライホイール入れた感じ)
別物のマシンみたいだった
でもあまりにも軽過ぎて
最高速は10km/hマイナスで頭打ち
スクーターはある程度ローラー重い方が
はずみ車の要領で上が伸びるんだ
まあ軽量でもチャンバーマフラー入れれば
もっともっと回転して
遠心力も付いて上がったかもしれないが
そこまでやる勇気はなかった
(通勤用だし)

ベルトは3万km以上使っても
まあ何とか問題なかったねえ
ベルトを逆に反らせると
内側がヒビ割れてたので
いい状態とはいえなかったが

ウエイトローラーは
結構すぐ減るんだよね
千kmとか2千kmとかでも偏磨耗する
まあ偏磨耗しても使えるのだが
あの小さいポポロンみたいな10数gのローラーで
100kgの車体引っぱって走らせてるんだもんな
負担かかってるんだろう

遠心クラッチは
Gアクで4万km位乗った時点で
なんとシュー根元の摺動部が
磨耗?油切れ?で固着、動かなくなる
症状が出始め、
クラッチが開かなくなるんじゃなくて
開いたまま戻らなくなる=つながったまま
スクーターなのに静止するとエンスト
なんてことになったこともあった
(摺動部に油挿したら直った)

ちなみにクラッチのシューは
急発進ばっかしなければ
ほとんど減らないと思う
交換の必要なし

おまけでキックペダルが
回らなくなるという症状も体験した
普段使わないもんだから
キックシャフトとかギヤが固着しちゃうんだね
結構ケース内でベルトやプーリーカスで汚れるしね
油挿すと直る

あとはクランクシャフトにプーリー取り付ける
ナットの締め付けがちと甘すぎて
(きつく締めると取れなくなるのでそうしてた)
走行中プーリー外れて
するとどうなるかというと
ミッションケースの壁に
プーリーの空冷フィンががバリバリ当たって
全滅、フィンがバラバラに折れる
(すんげえ音してた^ ^;)
幸いにも中山駅の近くだったので
電車で家帰ってレンタカーでトラック借りてきて
積んで家まで持ってきたっけ..

バカばっかやってますな

0 件のコメント:

コメントを投稿