2009年8月14日金曜日

AZ-1とジムニーJB23の乗り比べ(続き)

また神奈川スケートリンクへ日参。
懲りもせず。
そんな私でも受付ではにこやかに
迎えてくれる。(^ ^;)

1回行くと2時間休みなしで滑るかな。
昨冬スケートやり始めた頃は
1回行くともう足首の関節や
靴の当たってる所が痛くて痛くて
1週間休まないと次滑れなかったが
今では毎日滑っても全然平気になった。
足首の関節などが強くなったみたい。
最強のピロボールブッシュを
手に入れた感じ?(^ ^;)

今日はジムニーで行った。
ちなみに(私の)AZ-1とジムニーでは
クラッチの感覚が全然違う。
ジムニーは
ペダルストローク長~い
クラッチ遠い~
一体いつつながるんだ~と
ペダル離すギリギリでつながるので
AZ-1の後乗ると最初
なかなか発進してくれない(^ ^;)

対してAZ-1は
ストローク短か!
クラッチ近か!
半クラ少な!
である種強化クラッチのような設定で
ジムニーの後乗ると最初
ドッカンガックンガックンとつながって
ドへたくそみたい(^ ^;)

まだ乗り分けできてないので
早く慣れなくては。

あとジムニーJB23は
シフトフィーリングが
笑っちゃう位ブニュンブニュン。
初めて乗った時
ギヤ入ってんだか抜けてんだか
分からなかった。
その位シフトレバーがギヤ入ったまま
左右にブルンブルン動く。
一応悪路に対応して
そうなってるようなんだけどね。
買った店(ワイルドグース)も心配してくれて
シフトマウントブッシュカラー?という
固いマウントを教えてくれて、
入れてもらった。
ふむ、なかなかいい感じだぞ。

それに比べるとAZ-1のシフトは
すごいカッチリ感。遊びなし。
Hゲージにピタリ沿って
シフトチェンジしてる感覚。
シフトレバーも短く
ノブの頭しか出てない感じ。
手首でコキコキ感。
レバーの向きもジムニーと違うので
ニュートラの位置とか戸惑ってしまう(^ ^;)

低回転の走りは性格上
ジムニーの方が強いと思っていたが
・・違うんだなこれが。
ジムニーは3,000rpm以下の
ブーストかからない領域になると
全く加速しなくなる。
ノッキングっぽくなる。

一見高回転型のAZ-1の方が
よっぽどブースト域外しても
スルスルと走っていく。
これはエンジンによるものではなく
車重のせいだと思う。

なのでジムニーの方が
街中普通に発進するのにも
常に意識して
4,000rpm以上シフトとなる。
(次につながる時3,000rpm以下に
 落とさないように)
必然的に燃費も伸びないね。

まあでもジムニーは
悪路になるとロートランスファー登場~
となるので強い強い。
どんなとこでも
登っていっちゃうんではなかろうか?(^ ^;)
通常の4WD切り替えも含めて
四駆車に乗るのは初めてなので
これが面白い。
今のジムニーは
室内のスイッチ1つで
これらを切り替えられるので
手軽だね。
オンロード車で行き尽くした富士山も
オフロードで世界が広がる。(^ ^;)

直進性は・・
この2車はどっこいどっこい。
どっちも「フラフラ」ということ。(^ ^;)
たぶん一般の人から見ると。

AZ-1は
ワインディングを意識した
クイックハンドリングのせい。
最初乗った時笑っちゃう位
真っ直ぐ走れなかったもの。
高速道路なんて
恐くて片手運転できなかった。(^ ^;)
それがねえ
人間というのは慣れるもんで
今では何の問題もなく
普通~に運転してる。
順応しちゃうもんだ。

ジムニーはたぶん
改造してるせい。(^ ^;)
サスで2インチ車高アップで
補正はしてるが
まだキャスターは立ってると思う。
直進性は落ちてるし
交差点で曲がった後
ハンドルが戻らないフシがある。
友人に運転させたら少々驚いてたし
我慢できない方もいるかもしれないね。

まあまだ補正しようと思えばできるし
ワイルドグースも大丈夫ですか?と
しきりに心配してくれたが
大丈夫大丈夫
AZ-1で慣れてるから(^ ^;)
こんなのかわいいもん。
(普通の人じゃないんだな俺..)
もう1日乗ったら
直進性悪いのなんて
全然感じなくなった。
(また順応した)
今ではごく普通に乗っている。

まあもともと改造は
自己責任みたいなところあるし
ある程度代償はあるみたいな
覚悟はあったからね。
それに比べたら想像以上の出来。

こんな環境だから
2年前プリウス買った時には
恐ろしく直進安定性よくて
世の中にはこんな高級車あるんだ~
と感じてしまった。(^ ^;)
こうやって人はどんどんぜいたくに
なっていくんだと思うけど
・・私は逆行してる。(^ ^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿